革張りのソファー

ベッドとは、睡眠時に体を横にするための専用の家具です。クッション性が高められるように、内部にはスプリングなどの仕組みが組み込まれているものもあります。

部屋のコーディネートをデザインする上では、ソファーなどの欧米家具と組み合わせる事が適しています。違和感のない調和を保つ事ができる家具選びによって、部屋の中の雰囲気に統一感が生まれます。ベッドと調和できる家具の選び方によって、部屋での滞在は快適に変わります。

日本のベッドの歴史とは
日本のベッド歴史は、戦後の経済成長が要因となっています。

全国的な普及のキッカケになったがソファーベッドであります。TVで宣伝されたことにより、普及が急速的に早まり、現在では3分の1を超える人が使用しているのです。

今後、欧米家具などは店舗に行かずともネットショップなどで簡単に検索して購入する時代にありますが、簡単に検索でき、色々な商品を見ることができますが、サイズや自分に合ったものか分からないのがデメリットになりそうです。

ソファーなどの欧米家具に含まれているベッドの情報
欧米家具にはソファーなどがありますが、その他にもベッドという家具があります。人間が快適に睡眠を取る事ができるように誕生した家具の一つになっており、使用する事によって快適な睡眠を取る事ができます。

使用する方に合わせていくつかのサイズが準備されており、最適なサイズを選択する事でベッドから落ちてしまう事も防ぐ事ができます。昔から存在しており、現在も愛用している方がとても多いです。そこまで値段は高くありませんが、品物によってはかなり高級な値段になっている場合もあります。

柄ソファー

ソファーとは、長椅子に似た家具の一種で、後ろには背もたれが左右には肘掛があり、背もたれや座面には柔らかく、一人から数人が座れるもののことです。

家庭ではリビングルームや客間など、またオフィスやホテルのラウンジ、空港、図書館などの公共の場に、ゆったりと座って寛げるように置かれます。

本体は、革(合皮も含む)や布で覆われています。

ソファーで横になって寛いだり眠ったりするものをカウチベッドと呼びます。その呼び名から、ポテトチップなどを食べながら横になることを「カウチポテト」と呼ぶことがあります。

ソファーの歴史と今後
元祖といえる肘掛付く長椅子が登場したのが、18世紀のフランスです。

彫刻を施した木枠に華やかな柄の革張りで、王侯貴族の宮殿や邸宅で使用されていました。その後、アンピール様式やアールデコ様式、モダニズム様式など、様々なデザインの変遷を経て現在に至っています。
日本でも戦後の洋風住宅ブームで、それまでの畳敷きの和室から洋室が設けられるようになると、ソファーやベッドなどの欧米家具を置くことが流行となりました。

今後は少子化の影響もあり、かってのような重厚長大的な存在感を主張するのではなく、コンパクトでデザイン性があり、人間工学に基づいた座り心地を優先したソファーが好まれると考えられています。

ソファーを長持ちさせる秘訣
ソファーを長持ちさせるためには、カバーをかけるようにしましょう。スプリングが痛むと言う場合もありますが、もっとも痛みやすいのはスプリングなどの内部よりも表面です。表面の布や革が痛んでしまったり汚れてシミになってしまったりとすることにより、寿命が短くなるのです。

ですから、そのような事を回避するためにもソファーにはカバーをすると良いのです。
カバーが表面を傷や汚れから守ってくれるので、それだけ寿命が延び長持ちするのです。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930